ヒラメ釣り

遊漁船 龍馬 (高知県第0381号)


遊漁船 龍馬では高知沖のヒラメをライブベイトを使った泳がせ釣りで釣っています。


特に、LT(ライトタックル)ヒラメ釣りは高知沖のヒラメ釣りを始めた十数年前より、喫水が浅く小回りの効くボートで効率よく楽しめる釣り方として研究と提案をしてきました。


今では釣果も安定し遊漁船龍馬を代表する釣りの一つですが、もちろん従来のタックルでもヒラメ釣りを楽しんで頂けます。


釣期は冬から春で良型がよく釣れるのもこの時期になります。


(2014年12月)


ヒラメ・タックル


■ ロッド(竿)

ヒラメ専用ロッドの他、船竿、ライトゲームロッド、ベイジギングロッドなどで楽しめます。


■ リール

中~小型のベイトリール

使用ラインが150㍍以上巻けるもの


■ ライン

PEライン:1~2号

リーダー:フロロ5~8号を3~5㍍


■ 仕掛け

胴突き仕掛け

ハリなどの仕様は、お好みで🆗です。


■ オモリ

40~60号


■ その他

尻手ロープは必需品です。


遊漁船龍馬では、お客様用の魚群探知機を備えていますので、ご希望される方は事前にお申し付けください。


ロッドホルダーはボートに備えているダイワのパワーホルダー CP―BOATを使って頂きますが、使用するロッドに合った、ダイワのコンパクト クランプ ヘッドCH30Gが必要になります。

尚、ダイワのロッドホルダーをお持ちで台座が合えば持ち込みで使用できます。


遊漁船 龍馬からのお願い


遊漁船龍馬では体長30㎝未満のヒラメのリリースをお願いしています。


ご理解とご協力をお願いいたします。